カスタマーレビュー

2016年12月30日に日本でレビュー済み
ラフラール編からの続編なのですが、急転直下の冒頭シーンに面食らい、前作とは違う意味で期待できます。

中盤以降、例の謎多き人物の登場で作品はぐっと締まり、シリアスかつスリリングな展開がいやが上でも今後のカタストロフを期待させてしまうあたり流石だなぁと思います。

今回も続編故、新規ファンの方々には不平不満を感じるかも知れないし、いい加減作風をガラッと変えた方が?的な意見も解らなくはないですが、50年書かれてる漫画に過去の否定は無意味だし、蛇足的に新規ファン開拓してもロックの重厚さが汚れてしまうので、私は必要性なしと断言します。

しかし、それにしても先生の千里眼ぶりも流石だなぁ。バイオ、ヒューマン、テクノロジー、等々を然り気無く作品に込めて何時もの超人ロックを書き上げてしまうのですから、、、ほんと脱帽です。
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
23 件のグローバル評価