カスタマーレビュー

2006年5月4日に日本でレビュー済み
タケナカ編は派手に完結し、日本編へ。

雑誌で連載を追っていたときは、ダラダラとしていてつまらなく感じていた

日本編だが、単行本でまとめて読んでみると、これがなかなか面白い。

日本でも容赦なく暴れるバラライカ、ロックとレヴィの関係の変化、雪緒の決断などが、今回の見所。

今までになく、レヴィがかわいい。
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
104 件のグローバル評価