カスタマーレビュー

2018年11月9日に日本でレビュー済み
原田再登場。
ただ、はっきり言って単なる変質者まがいの中年男。
「タッチ」の時のいい意味での道化回し、達也へのカンフル剤みたいな役割は期待できない。
前作と同じ顔をやや老けさせただけ。
中身はすっからかんの同じ顔したキャラが喋ってるだけ。
「タッチ」とかでも本気で感動した世代としては、惰性で読んでるだけで、ただただ悲しいだけ。
絶対二回目読む気がしないから、ネットカフェでのコミックスかゲッサンで充分。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
138 件のグローバル評価