カスタマーレビュー

2018年3月14日に日本でレビュー済み
前巻までの停滞感が、読者の指摘を受けたせいかは別として半歩だけ進んだ感じがします。唐突なモデルの登場も、ちゃんと伏線が張られていたのは二ノ宮先生らしい。相変わらず「ぼそっ」と喋る一言にセンスを感じます。
妻に贈ったダイヤモンドリングを引っ張り出し、ルーペで眺めて「インクルージョンがっ」とか「カラーは」なんて言いだしたのは、この漫画の受け売りです。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
170 件のグローバル評価