カスタマーレビュー

2020年5月7日に日本でレビュー済み
ランキング上位に上がっていたので読んでみたところ、理論的な自慢が長くクセが強いものの、まれに考えさせられる文が見られた良書。
仕事は相手の需要を満たすことである、との主張がある。
コロナウィルスで金銭的不安が高まる中、このタイトルで出版したのは見事な仕事だと思った。
また、お金は分業を成立するためにある。
つまるところ、自分が満足することとそれ以外のことを見極められたなら、より良くお金を使えるということである。
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
197 件のグローバル評価