カスタマーレビュー

2006年11月21日に日本でレビュー済み
ドタバタラブコメであるこの作品にストーリー性を求めるのは酷というもの。

矢吹氏の絵柄もこの漫画の方向性にマッチしていてよいです。

ジャンプの「エロ・お色気・恋愛」部門としては

いちご100%からいい引継ぎが出来たのではないかと思います。

ララを賭けた宇宙大戦争バトル路線に変化してしまうのではないかと

連載開始当初は危惧していましたが、今の所そういう動きはないようなので安心しています。
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
124 件のグローバル評価