カスタマーレビュー

2007年5月7日に日本でレビュー済み
題名だけは聞いたことがあり、本屋で何気なく手にした本ですが、次の日にはこの第二巻〈野望編〉を買いに走っていました。

勝利を勝ち獲る力のある天才ラインハルトと、敗北を退ける力のある策士ヤン。「勝つ」ことと「負けない」ことは果たして同義と言えるのか。この二人がぶつかりあった時、一体何が起こるのか――。

…という感じの終わりかたをした第一巻ですが、この第二巻では、彼らが直接ぶつかり合うようなことはなく、彼らは各々の陣営で起きた内乱を鎮定するために奔走します。

やがて、それぞれの形でついた決着。そのために失ったものと得たものが、彼らの今後にどう影響してゆくのか…。第三勢力であるフェザーンや地球の動きも気になるところ。

おそらくは二ヶ月おきに刊行されることになりそうですが、既出の作品なのだから、せめて一ヶ月に一冊のペースで出してもらいたいところです。その点だけをマイナスとみなして、あえて星四つということにしておきます。

(余談ですが、余計なイラストがないところは大きなプラス要素です)
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
158 件のグローバル評価