カスタマーレビュー

2011年10月12日に日本でレビュー済み
2011年、立て続けに3冊の単行本を世に送り出し、最も勢いのあるマンガが本作である。と思う。

本作のキモであるB級グルメ全般にわたるウンチクの素晴らしさはさることながら、特筆すべきは語り口の巧みさ!
まるで名人の落語を聴いているかのよう、または素晴らしい脚本の舞台劇を観ているかのようです!
刑事コントのようにスラップスティックかつシュールな舞台設定の中で、究極的に現実的な食品の話題の応酬が織りなすスペクタクル感!
馴染みのない食品もテーマになったときなど、個人的には本当にどうでもいい話題なのに、ジェットコースターのようなスピーティーな展開でしっかり読ませてくれます。
緻密なネームによるものでしょうか、多彩なカメラアングルで演出効果抜群ですし、緩急も自在。絵柄もノイズが少なく情報がストレートに伝わり、登場人物の表情も豊かで、食の嗜好をひたすら語っているだけなのにキャラの人柄までもありありと伝わってきます。

B級グルメを語る、という点ばかり着目されがちですが、あらゆる意味でマンガとしてのクオリティも異常に高いと思います。原作者の坂戸先生、作画の旅井先生の他の著作もぜひ読んでみたいものです。

話題性を含めて、私の中では「このマンガがすごい!2012」の堂々第1位です!
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.1
星5つ中の4.1
24 件のグローバル評価