カスタマーレビュー

2006年4月27日に日本でレビュー済み
いつもながら登場人物の会話や、哲学チックな命題に対する検討(?)は読みごたえがあります。

トリックは「こんなのありなんか」って感じです。皆さんが「まぁ、無いだろうな。」という感じで除外するだろう可能性が、よりえげつない方法でトリックに使われています。

博士はまさにパーフェクト・アウトサイダーでしたね。とても楽しめました。

最後の方で、萌絵のおいてけぼり感が否めなかったのが残念なのと、話し長すぎて(もっとコンパクトにもできたんじゃ?)集中して読むのが辛かったので、星3つです。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
62 件のグローバル評価