カスタマーレビュー

2021年3月28日に日本でレビュー済み
ネタバレ含むのでご注意ください。

オリジナルのBL漫画はあまり読まないし、単行本としてもっているのはこの漫画くらいなのですが、BLものというよりは、一つの作品として世界観とか、キャラクターとかが好きです。それが特に感じられた3巻でした。
アダムがジョエルを大好きなのは1話目からですが、ジョエルの内面を知るほどに段々と愛情が深まっていくのを特に感じられた3巻でした。
ジョエルの生き方の根本の部分がわかって、なんかもううわわわぁぁ!!ってなりました。
そしてその答えを導いたのがアダムっていうのが…!珍しいジョエルの笑顔とアダムの辛そうな顔が対照的で、切なかったです。
何より国と人々のことを考えるのに、自分の身のことは勘定にない。そんな人を好きになってしまったら、どうしたらいいのか。でもアダムならそんな不器用で真っ直ぐな人の執着する相手になれると思うので…もう幸せになってくれ!ポールさんの言うとおり、お似合いな二人だと思います。
でも二人には早く幸せになってほしいような、この距離感の二人を見ていたいような複雑な気持ちです。

3巻ではジョエルの素顔のシーンがとても少ないのですが、アダム同様あのカツラ姿でも可愛く見えてしまうから不思議です。
あと1、2巻に比べてお色気シーン?が無いのも個人的には良かったです。
個人的にルイスさんが色々苦手だったのですが、シリアス突入してからは印象変わりました。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
236 件のグローバル評価