カスタマーレビュー

2019年9月26日に日本でレビュー済み
映画「HELLO WORLD」で散りばめられたまま回収されず終わった伏線たちをほぼ全て回収していくのがこのスピンオフ小説です。
干渉野で都合良くグッドデザインが直実を救った理由、最後のシーンでナオミが現実世界で目覚めた理由、それらの全てがこの小説で語られます。
他の方も言われているように、映画を少しでもいいなと思ったらこの小説を買って読むべきです。そうしたら、自然と2回目の映画館へ足が向かっているでしょう。(私は2回目を観終わった後にこの小説を読みましたが)
映画だけではまあ「良作」だよね、で終わる作品ですが、この小説を読むと「傑作」に大変貌を遂げます。ふたつで「HELLO WORLD」だと思いました。どちらが欠けてもいけません。

ただ、これを読むと映画本編内での説明不足感が否めないですね。小説を読んで初めて補完されるというのはあまり好きではないです。その分、観てから読むまでの短い間考察は楽しめましたが。
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
107 件のグローバル評価