カスタマーレビュー

2012年3月12日に日本でレビュー済み
前作『光路郎』は何度読み返したか分かりません。

まさか続編が読めるなんて夢にも思わなかったので、本当に嬉しいです。

内容は、基本的にはすごく困った生徒がいて、それを改心させるというありがちな展開が続くもので、今回の続編もそこは変わりません。

しかし、村枝先生、その物語の一つ一つがすごく面白く、時にじーんと来ます。話にどんどんとのめりこんでしまいます。不良の改心ものは数有れど、村枝先生にしか書けないユーモアと熱さで、基本的には人情ものとなるんですが古くささがありません。というより、全然嫌な感じがしない古くささとでも言うべきか。世界観が自分に浸透してくる気がします。

『光路郎』を未読の人は、文庫化されているそうなのでぜひそちらも併せて読むことをオススメします。めったにない、自分が死ぬまで続いて欲しいと思う漫画の一つです。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
13 件のグローバル評価
星5つ
61%
星4つ
21%
星3つ
18%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%