カスタマーレビュー

2004年2月27日に日本でレビュー済み
 坂本竜馬、高杉晋作、土方歳三など、主要登場人物の気概ある生涯と時代背景が安定した描写力とともによくまとめられています。各章の終わりごとに、番外編として歴史の「もしも…」コーナーを設けているので、ただの堅苦しい学習マンガに終わらずに済んでいます。土方歳三が函館で戦死するくだりに市村鉄之助もしっかり登場するなど、通り一遍の歴史解説だけでないのが本書の魅力の一つだと思います。小泉首相はじめ現閣僚に求められる政治のセンスが、本書で紹介されている、「為政清明」政治に携わる者は私心を捨てて尽くさなくてはならないという大久保利通のモットーや、「政治はアートなり。サイエンスにあらず。巧みに政治を行い、巧みに人心を収めるのは、実学をもち広く世の中のことに習熟している人ができるのである。決して机上の空論をもてあそぶ人間ではない」陸奥宗光の言葉に表れているように思われます。
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
5 件のグローバル評価
星5つ
49%
星4つ
19%
星3つ
31%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%