カスタマーレビュー

2018年11月22日に日本でレビュー済み
多感な時期の子供をストレートに伝えてくる。この本を読んでると自分の学生時代というか思春期の頃はこんなんだったなあとか、しみじみとしてしまいます。
きっとありふれているだろう親を失うという痛みを、繊細に扱う描写、セリフ、心情、何もかもがかつて子供だった誰も彼もに突き刺さると思います。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
295 件のグローバル評価