カスタマーレビュー

2021年5月2日に日本でレビュー済み
 加藤さんの八九寺のシーンが少ないので生きない!ってのはまず問題だと思いますが、
それよりも何よりも朗読における会話で暦と神原の台詞はその内容でしか区別できず聞き分けられないところはダメだと思いました。
 これは、特にこの作品では深刻な問題になっていて二人の軽妙な会話劇って突飛な内容に突飛な内容をぶつけるおもしろさ等があると思うんですが、この二人の思考の差異が際立ってなくなってしまってるんですよ。
 聞きやすい声ですし、メメも後半撫子は区別できるのも問題ないが故、この二人の発声、ニュアンスの伝え方を少し凝っていただけたらよかったなと。
 内容は言うに及ばずよいものですね。
 これ聞いて神原が実は結構怖いってことを改めて感じたのは、加藤さんの声の影響的でよかったとは思います。
 
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
42 件のグローバル評価
星5つ
82%
星4つ
11%
星3つ
7%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%