カスタマーレビュー

2011年2月12日に日本でレビュー済み
実は創刊から毎号「SQ」を買っているのですが、
この作者の前作「TISTA」は全く読んでいませんでした。

何かこうぱっと見で生理的に見たいと思わなかったからなのですが、
(一生懸命描いてるであろう作者さんには失礼かと思いますが・・・)

正直、後から同じ作者と知ってあれ〜っと思いました(苦笑)

この「月華美刃」は面白いです。

話の内容は「かぐや姫」を「現代的なSF物語」として解釈し直した感じになってます。

ちょっとした行き違いから母親の愛情を信じられなくなり、
皇族である事を疎ましくすら感じてた多感な年頃の女の子が、
母親の本当の気持ちを知って責任感に目覚めた所でクーデターが勃発、
たった独りで月から地球に逐われてしまいます。
その後、カグヤが月、というか母親を取り戻す為に奮闘する日々が話の軸になって行きます。

物語全編通して、主人公であるカグヤの周辺に居る人物がとても生き生きとしてて、
魅力的なのもこの物語のセールスポイントかもしれません。
 (・・・中には個性的過ぎて変態の領域に踏み込んでるのも多々居ますけどネ(汗))

個人的に好ポイントなのはココで、
この手の漫画には「付き物」の美形の男キャラがほとんど出て来ない点。
一部の例外を除いてカグヤの周辺に居るのは男も女も「普通の人」ばっかりです。
(話が進めば普通じゃない?美形も出て来ますがw)

欲を言えばもうちょっとテンポが良ければもっと良い感じになると思うんですけどね。
カグヤの母である銀后や父親役?のシシマロのその後とか気になってしょうがなかったです。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.9
星5つ中の3.9
27 件のグローバル評価