カスタマーレビュー

2013年11月2日に日本でレビュー済み
残念ながら、今川監督作品の「負の部分」だけを煮詰めたような失敗作に...。

今川監督の「熱い演出」が激賞されるOVAジャイアントロボですが、
実のところ超A級の作画パワーや声優の熱演の援護を受けて奇跡的に成立している作品です。
作画や芝居の援護を失った瞬間、今川節は一気に「思いつき」「失笑」「独りよがり」「ご都合主義」に堕す危険を孕んでおり、
その悲惨な例の筆頭がアニメの『衝撃Z編』、そして本作なのではないかと……。

戸田先生の漫画家としての才能を貶しているわけではありません。私は先生の『スクライド』が好きです。
ただ、黒田=『スクライド』と今川=『GR』は似ているようでまったく異なる作品です。
前者が受け手のB級オタク的共犯意識にべったりと依存したネタ作品であるのに対し、
後者はきまじめに冒険活劇作品として一本立ちしていたのです。
そこのところの読み間違い、「指パッチンとかあるし、スクライドでやったアレでイケんだろ?」な見切り発車が本作の惨状の原因かと。

戸田先生にはこの「勢いだけ路線」「ネタ漫画路線」を卒業して、その先の地平に進んで頂きたい。
戸田先生のファンとして、本作の幕引きを強く希望します。
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち2.6
星5つ中の2.6
8 件のグローバル評価