カスタマーレビュー

2016年9月27日に日本でレビュー済み
この巻で母親との関係にようやく決着。でも正直キョーコにも母親にも共感できない。
母親は自分勝手でどうしようもないバカ女だった。ちっとも可哀相とか、いいところもあるんだとか思えない。毒親もいいとこ。
ヘタにいい人要素なんかはっきり言っていらなかった。
こんな話を聞いてまだ親として大事に思おうとしているキョーコも正直イイコすぎてうっとおしくなってくる。それが情なのかもしれないけど。
こんな親なら捨ててもいいんじゃないかなとも思う。将来、凄い事をしたなら認められる日がきっと来る、とか同僚弁護士が言ってたよーな気もするけど
それも結構ひどくないですかね。もう二度と母親出てくるエピソードはいらない。褒められる日が来てももうどうでもいい。
次のステップとかいう時代劇のオーディション。またいらないエピソードがありそうですよね。恨みをはらしてほしいだの、役を無理矢理
奪おうとする人がいるだの・・
素直に、浪人・・蓮 ヒロイン・・モー子さん、で決定してて、紅葉役選びが難航している・・受けてみよう!
でいいんじゃないですかね?また役泥棒?の新キャラ出すんですか?飛鷹くんのおじーさんネタで引っ張るんですか?
説明的な台詞も多いしテンポも悪い。もう正直ウンザリ。もうそろそろ購入を止めるときかなあ・・。
33人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
59 件のグローバル評価