カスタマーレビュー

2016年1月31日に日本でレビュー済み
この弩(いしゆみ)欲しいなと・・・思わせるハードボイルドで本物志向のメカが楽しいのだが、それはあくまでオマケ。

このあたりで、本質的に思ったのは、作品中での命の重さが初期5巻目くらいまでとは全然違う。1巻とか、とにjかく首取ったモン勝ちの精神で競技のようにバイキングの殺戮を、乾いた筆致で描いてた頃との差が興味深い。あの頃のニヒルで破滅的なトルフィンに回想シーンで出会って、「「ああ、かつてはこういう子だったねえ」、「こういう殺人マシーンだけど余計な殺しはしないってとこに良心のひとかけらが」、っていうのも少年時代トルフィンの魅力だったが、考えたら犠牲者には、クソ生意気で腹立つだろうなあ。狩るもの、狩られるものが逆転した今、トルフィンの理想論は、今はまだウソ臭い偽善にしか過ぎない・・・。

だけど意外に、雨降って地固まる感じで、新たなヒロインもう一人、パーティに加わるの?
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
149 件のグローバル評価