カスタマーレビュー

2017年11月22日に日本でレビュー済み
絵がとてもいい。登場人物の眼が、セリフ以上のものを語っています。
死を覚悟しつつも、自らの死に意義を見いだした人々の不思議な明るさと、互いに交わす眼差しにこめられた、岡部とレイリの万感の想いに感じ入り、涙なくして読めませんでした。残酷な運命に翻弄される人々の描写として、とてもリアルだと思います。
そこからうってかわって描かれる、殺伐とした闇、愛の故に殺人機械と化す主人公。
この落差こそがまさしく岩明均であり、彼の作品にしか認められないダイナミズムです。
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
60 件のグローバル評価
星5つ
71%
星4つ
23%
星3つ
6%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%