カスタマーレビュー

2012年7月10日に日本でレビュー済み
2巻続けて一気読み。
それも、3度繰り返して読んだ。

一度目は、ハラハラとして読み進め。
二度目には、その葛藤と痛みに涙が溢れ。
三度目は、今度は幸福感に涙した。

彼らが選んだ生き方を、世の中に奨励することは出来ないけれど。
どちらか一方だけの想いではなく、双方に確かな想いがあり。
異性同士の関係のように、万が一子供が出来てしまい、その子供に生まれながらの宿命を背負わせるようなことが無ければ。
当人同士だけで責任を負い、完結する関係であるならば。
こういった選択も、有りだと思えた。

それにしても……
あらかじめ大体のストーリーを把握していて、コミックで通して読んだ私と違い。
これを、隔月で2年間雑誌で追っていた読者は、さぞ、やきもきさせられたことだろう。

そもそも何故こんなことが起こったのかという説明もされていて。
人物の心情や、過去と現在の世相の違い、季節感といった描写も丁寧。
BLだからこそ描けた世界でありつつも、「BLだから」という枠組みに甘えて手を抜くことなく、一つの「物語」がきちんと展開されている。

個人的には、表紙より中身の絵の方が色っぽく綺麗だと感じた(褒めてます)。
なので、表紙絵だけで判断せず、まずは本編を開いて見てほしいと思う。
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
23 件のグローバル評価
星5つ
79%
星4つ
13%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
8%