カスタマーレビュー

2005年3月7日に日本でレビュー済み
 真実を知ろうとジェルミを問い詰め、揺らぐイアンの姿は、漫画という手法でしか表現できないような描き方で、読み手に迫ってくる。それまでの父親像が崩れていくイアンが、実父によって傷付けられ絶望の底に落ちていったジェルミのことを思う時、人間の絶対なる孤独とでいうようなものを知る。その数ページは圧巻だ。
 どんどん落ちていくジェルミと、イアンはどうつきあっていくのだろう。ジェルミの苦しみを見逃した過去の場面の一つ一つを思い出し、確認していく作業をしているイアンの真摯な姿勢に、自分をごまかす自分を許さないという決意を感じる。
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
30 件のグローバル評価
星5つ
79%
星4つ
9%
星3つ
12%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%