カスタマーレビュー

2015年8月12日に日本でレビュー済み
過去を歪め全てを背負いこむ八雲。年を重ね自分の落語が失われる中で、過去を背負うことへの疲れと諦めが、とてもよく描写してある。
八雲が今後、どう人生の選択をしていくか?与太郎と八雲がどう落語と向き合うか?次の展開がとても楽しみ。
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
47 件のグローバル評価
星5つ
76%
星4つ
21%
星3つ
4%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%