カスタマーレビュー

2011年7月13日に日本でレビュー済み
この巻でようやっと1巻以来不明になっていた方々の消息が明らかになります。
また、重要な登場人物が出てきたりして物語の奥が少しずつ見え始めてきます。

今回、個人的にはマユゲことミクニとカグヤのやり取りがホンワカしててとっても良いシーンでした。
本来、心優しく誰も傷つけたくないのに、その立場故に周囲を巻き込んでしまうカグヤ、
その気持ちを汲み取り自らが非力である事を知りながらもカグヤを護る為に付いていくミクニ。
この二人、本来の関係は主従の立場ですが、そんなものを越えた相手を思いやる気持ち、
友情のようなもので支えあってる感じがグッと来ますね。

スケジュール的に厳しいのかあんまりオマケ要素はありませんけど、
作者さん、コミックの話の区切り区切りにちょくちょく話に絡んだ小ネタを挟んで来るのがスバラシイw

カラーイラストは書き下ろしでしょうかね?
「不思議の国のアリス・月下美刃Ver」と「ジジババ縁側お昼寝シーン」
特に「ジジババのお昼寝」ではババ様の若かりし頃(?)のセクシィなお姿が・・・
(ジジ様の願望とゆー線もあり得るけどw)

恒例のカバー裏はまたもやシシマロ。
しかし今回はいつもと様子が違う感じ。

作者さんの繊細な絵もカラーの絵もとっても素敵で大好きですけど、
無理をして体を壊すような事にならない範囲で続けて下さいね。
何かカバー扉の作者コメントでちょっと気になる事も書いてらっしゃったので・・・

あと励みになるかどうか判りませんが、
平積みになってた同時期発売のコミックの中でこの本だけが完売してました。
地方の離島で田舎ですけど他のコミック差し置いてこの本だけ無くなってたのでビックリでした。
(私が買ったのは最後の一冊)
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
13 件のグローバル評価