カスタマーレビュー

2019年5月16日に日本でレビュー済み
物語的には原作1巻から4巻のストーリーの間の小話が差し込まれているものです。

原作でもう少しこの後の日常生活が見たかったという欲求が存分に満たされる作品でした。
休日のグレートティーチャー五条、そして虎杖と出会う前のナナミン、あの事件以前の特級呪霊「真人」とある老人、そして真人が引き起こした事件で自信を失った主人公「虎杖」と鬼に遭遇した少年との物語。
どれをとっても原作に載っていてもおかしくないほどのクオリティで描かれており、笑えて心が震えて最後に少し心が温まるとても良い小説でした。この話を読んだ後に原作を見直すとまた違った視点で読む事が出来ると思います。
27人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
328 件のグローバル評価