カスタマーレビュー

2020年11月23日に日本でレビュー済み
《ネタばれ注意》
この作品は当初から、というか今でも“賛否わかれますね”のコメントが付く作品です、好きな人もいれば嫌いな人もいます。そして「リボンの武者」は作者の言うとおりピーキー作品なのだから、評価もピーキーなのが来るのは覚悟の上と思われます。なので極の賛辞がある一方極の酷評もあり、自分は後者の方を主に申し上げております。

▽「どうする?姫」「押せやあ」「この弾は使わぬ」←だからぁ隊長はアウンさんだって!
▽撃てないとわかってて砲身前に立つ、姫のこういう作戦が「大嫌いです」武士道って何だっけ?華さん撃っていいよ、たしか戦で散るのは誉れと言ってたから、表紙のように首と胴体おさらばしてやりましょうよ
※「金床作戦」が好きらしい、これで3回目
※どう見てもRPGランチャーだろ、アレ?
※彼女たちはあの砲弾で~←選んだのはエリカさんであって姫の手柄ではない(断言)

良い点→やっと射程距離と陣形を話題にするようになった。
▽瞬時に分析・作戦・意見具申できるユカリさんが素晴らしい!天才です。
▽戦車道の未来と絡めたのは?タンカスロンが戦車道の原点なら変革も原点から来る、というキレイなオチ狙い?良いシナリオですね。
▽アンチとしては姫が悔しがるのはとても良い。こうした読者もいるのです(需要あります)われわれはガルパンファンなので、大洗側を応援するのです。
何か間違ってますか?正しいファンですよね、だから声援
「ゆけー西住どの、コスプレ女なんて蹂躙してしまえ!数々の卑怯戦術をやってきた姫は負けろ、偽善者!ウソ舌女!ギャラリーを楯!放火魔!悪女のくせにー!」(全部事実)
※やっぱりRPGだろ。
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
153 件のグローバル評価