カスタマーレビュー

2010年5月10日に日本でレビュー済み
全体としては広々とした風景やこま割りのせいかのびのびとした開放感の感じられる作品集でした。

ただ表題作の「海岸列車」はあまりに暴力的で好きになれませんでした。
暴力は暴力でもリアルに裏打ちされたものであればいいのですが残虐性ばかりが目立ちいまいち説得力が感じられませんでした。
エピソードの数々もあまりにも惨く暗く無理矢理な感じでリアリティにかけます。
作者自身が後書きで「当時は最後の殴り込みシーンのみを描きたく、付随するドラマは単なるネタ振りと考えていました。のちにそれはまったくの考え違いだと気づくのですが。」と言っている通りの印象です。

次の「ザ・グレートエスケープ」は同じくバイオレンス的な匂いはあるものの自由で開放的な作品でとってもいいです。
短い中に人間の狂気と悲哀感がみごとに表現されていました。
私は全収録作品の中でこれが一番好きです。

続く「キッス」、「マーガレット」は、ひとひねりある毒のある会話とキャラが際立つドタバタ青春物で楽しく読めました。
吉田 秋生さんや西 炯子さんが描く青春ものが好きな人にはお勧めです。

最後の「あれ地」は他とは全く異色のガロ的作風で作者いわく「しょっぱいOLの日常をかこうとした」とのことでしたがいまひとつピンときませんでした。
やはりリアリティのなさの様な気が・・・。
冴えないOLの日常は冴えない気分を体感した女にしかわからないんじゃないかと・・・。
ファンタジー仕立ての内容ですが(冴えない女の日常を書かせたら右に出るもののいないと私が勝手に思っている)やまだ紫さんとかの描くリアルなどと比べると何が書きたかったのか全く伝わってこずあまり意味のない作品と思わざるえませんでした。
作者自身もあまり思い入れのない作品のようでなんかガロ的なものを一度書いてみたかったって感じだったんでしょうか?
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.7
星5つ中の3.7
4 件のグローバル評価
星5つ
33%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
67%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%