カスタマーレビュー

2016年11月24日に日本でレビュー済み
生きていれば当然訪れる死。
身近な人やちょっとした知り合いの死、様々な死に遭遇しながらひとは生きている。
その要素をバランスよく物語に入れ込んでいることでこの作品が地に足がついている感じを受ける。
死を乗り越えながら不器用に生きている本作の登場人物をどんどん好きになってしまう。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
116 件のグローバル評価