カスタマーレビュー

2011年7月10日に日本でレビュー済み
面白い。一言に尽きます。

今回は竹・梅に続いて穢星にかつて追放された松之内家が登場します。スケールがだんだんとでかく、物語が複雑になってきました。色々と明らかにされない伏線もたくさん出てきて、遠藤先生ここまで大きなストーリーを考えていたのだなぁと。
ある意味でジャンプ系漫画としては異端とも言える物語性の強い作品ですが、それだけに1巻よりも2巻、2巻よりも3巻と全体像を把握していくことによって加速度的に面白くなります。
その週のインパクトを求めるジャンプ本誌連載であったなら、この作品は成立しないでしょう(どちらがいいとか悪いの話ではありません)

さて少年少女ファンタジーとしては定番の「大きすぎる力への葛藤」というテーマが全面にでてきました。それに連なる御三家の血みどろの暗い部分も描写され(こういうのは本来遠藤先生お得意ですよね)、しかしカグヤとミクニ(とくにミクニ)のキャラの明るさもあって作品自体が暗く沈むことはありません。陽と陰のバランスがしっかりとられております。
そして意気込みはあるけど力弱い二人の二人旅です。少年少女が成長するには保護者もなく二人だけで旅をせねば!
ここまで正統派ジュブナイルを貫いてくれると嬉しくてニヤニヤしてしまいます。
あとミクニがいいキャラになってきたなー。女の子を守れなかった過去のエピソードはぐっときたよ!
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
13 件のグローバル評価