カスタマーレビュー

2006年11月5日に日本でレビュー済み
考えてみれば、これだけ長い間戦争をしているのだから、ジャーナリズムは戦争に影響を与えないという発想の方がおかしい。

一年戦争の英雄の一人であるカイ・シデンがジャーナリストとなるのだから、その影響力は計り知れないはずだ。本作品はそんなジャーナリストから見たグリプス戦役が掲載されている。

もっとも、カイ自身はジャーナリストとして名をはせたいという気はないらしい。もっぱらスパイまがいの潜入取材に終始している。

こんな事ばかりやってて、彼の懐具合は大丈夫なのだろうか?大きなスポンサーでもあるのか?(ルオ商会?)その前に、本当にジャーナリストなのか?

しかし、アニメでは「エゥーゴ=正義」という中、彼の「エゥーゴにも危険分子は居るのではないか?」という考えはいかにもジャーナリズム的で好きである。

いつかは彼の文章を読んでみたい。
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
144 件のグローバル評価