カスタマーレビュー

2005年3月13日に日本でレビュー済み
 核心を突くかというところで微妙に足踏み気味な巻になっています。とりあえず、ホムンクルスの練成の秘密の一端を垣間見たと言うことで、まあ前進したと言うことにしておきましょう。
 初めて姿を露にしたホーエンハイムが意外にもすっとぼけたキャラで(エドの視点の先入観が強すぎたのか?)、拍子抜けを食らいました。
 次巻ではエドとホーエンハイムの邂逅が見られそうなので、けっこう楽しみです。
 この先、重要になってきそうなのはやはり「西の賢者」。クセルクセス遺跡の錬成陣のようなもの。錬金術と練丹術の違い、そしてもしかしたらコラボ。ホムンクルス、賢者の石とホーエンハイムの関係性などではないでしょうか?
 ホムンクルス組の目的もはっきりしないので(とりあえず扉を開けることなのかな?その先で何をしようとしているのかが謎)、この先どうなるのかは分かりませんが、これからさらに熱くなってきそうな気配です。
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.9
星5つ中の4.9
184 件のグローバル評価
星5つ
88%
星4つ
10%
星3つ
2%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%