カスタマーレビュー

2018年2月1日に日本でレビュー済み
TVドラマ版(2018/1/15~)を見始めるとなかなか面白かったので、全巻購入。

天水館の面々と蔵之介はとても個性的だし、笑えるし、ドキドキもするしととても楽しく読んでいたんですが・・
なんだか途中からグダグダしてきた。

尼~ずがファッションを「やらされている」感が強くなってきたあたりからどうにも笑えない。
彼女たちは世間からなんと言われようが楽しく暮らしてきたのに、「やらされている」のがちょっと見ていられない。
天水館が再開発の対象になってしまい、それを防ぐために金を稼がなければいけないのはわかるが、月海以外のメンバーは楽しかったのだろうか?
さらにアパレル業界の話になってしまってきてからは、最初とは別の話のよう。

おっさんですけどわかってる

みんな月海が、蔵之介と修のどっちとくっつくのかが気になってみてるんでしょ?
それに尼~ずや花森さんや総理が周りで騒いでるのが楽しいんでしょ?
日本のアパレル業界は死んだとか、クラゲのドレスなんてどうでもいいんでしょ?

最初はアレだけ面白かったのに、カイ社長が出てきたあたりからどうにも残念になってしまった。

それでも最後はちゃんと終わらせてくれたので、★★★☆☆

それにしても、最後の変態ドレスは・・・可愛いの?着たいの?あれ
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
117 件のグローバル評価