カスタマーレビュー

2020年9月13日に日本でレビュー済み
『夢中さ、きみに。』も『女の園の星』も狂ったように読み返している者ですが、こちらの作品も素晴らしすぎて
読み終わった瞬間にレビューを書きたくなりました。
ヤクザが中学生にカラオケ教えてって頼むのはリアリティの欠片もない、いかにも漫画的な設定のはずなのに、どうしてこんなにもスッと心に入ってくるのか。
狂児さんはかっこよくて、本編最終ページのソファの背に肘ついているお姿はため息が出るほどの素敵さ…。
狂児と出会ってからの聡実の日常と、合唱祭への想いの描写、伏線回収しつつラストシーンへ収束していく一連の流れ、全てが好きすぎる。
聡実くんが椅子の隙間から名刺見つけて手が震えてるところ、私も震えました(萌えすぎて)
和山先生の作品に出会えて本当に良かった。
これからも楽しみに買い続けます!
34人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
3,580 件のグローバル評価