カスタマーレビュー

2019年4月2日に日本でレビュー済み
ストーリーについてはまだ未評価ということで、絵について触れます。
「それ町」でほのぼのとした表現がマッチしていた作者にこのSFアクションは正直キツイなと感じました。
どうしても話の雰囲気からAKIRAを彷彿とさせてしまい、それから大友克洋と比較するとなんだかものすごく安っぽく見えてしまいます。(特にカートのレースのシーン…)
「外天楼」もSFですが、静かなカメラワークが物語に合っていて絵については特に気になりませんでした。
今までの構図の取り方を捨てて、新しい表現に挑戦していってほしいです。
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
161 件のグローバル評価