カスタマーレビュー

2016年8月19日に日本でレビュー済み
エアレースという、ニッチな世界(実在)を追い続けている作者の第二シリーズです。
(全三巻ですが、まとめてここにレビューします)

地味ながら、現地取材が緻密で、ウォーバード(WWⅡ期の軍用機)の良いまとめ
になっています。
エアレースのみならず、本シリーズでは、山火事を消すためのウォーターボマーや
地味なレストア(B29からエアロカーまで)の描写もあって、派手さとはまた違った
楽しみ方ができます。

エアロカーは、一時期多く出現した「第一期・空飛ぶ自家用車」の中では最も完成度
と実用性が高いものと思いますが、意外に知られていません。また、ヒロインが駆る
P39は、発展形のP63キングコブラが実際に後退翼の試験にNASAで使用・作成
されています。地味ながら非常に良く勉強されている作者と思います。

日本でも、レッドブルのバルーン式エアレースが実現しましたし、往年のリノのエア
レーサーも、有鉛ガソリンの環境問題が顕在化している今、今の内に読んでおいて
損は無いと思うシリーズです。前作も是非。

リノ・エアレースのコンパクトなまとめと知識は、実機ベースでは下記が読みやすいです。
なぜ彼らはプロペラ機を愛するのか?―USAリノのエアレーサーたち (エイ文庫)
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
10 件のグローバル評価
星5つ
52%
星4つ
48%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%