カスタマーレビュー

2015年9月8日に日本でレビュー済み
※ネタバレあります

原作を読んでいないので、忠実に再現されているかは分かりません。
読み終わって、駆け足で無理やり収束させたように感じました。
蓮見が異常なことは今更なので、蓮見少年DAYSより裁判の弁護団、遺族の主張を読みたかった。

何よりリアリティーの欠ける判決。
精神が不安定だから?幼い頃両親が殺され人格形成がおかしくなったから?だから死刑も無期懲役もなし?

日本の警察はよほど間抜けなのでしょう。
蓮見の経歴を調べれば、モルゲンシュテルンに辿り着き、彼についての証言を得られたはずです。

まぁ、結局は「恐怖はまだ終わらない」というオチに持っていきたかったからの死罪回避なのでしょう。

この漫画のストーリーについて吟じたところで、原作がそういう終わりならもう仕方ないのでしょうね。
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.9
星5つ中の3.9
22 件のグローバル評価