カスタマーレビュー

2017年4月20日に日本でレビュー済み
われわれのあいだでは「『兵馬俑?』の人」ということで定着している(あの台詞は
とぼけていて本当にかわいかった)計君のお話の第3弾。
 1、2それぞれの巻にドラマの大きなうねりはあったけれど、第3巻はこれまたス
トーリ展開の船脚の速まりと楫取りに非の打ち所なく、大一番の場面の迫力から手に
入れるビルのありようや手形のあたりに至るまで、抜かりのない仕上がりに説得力が
ある。この3巻あってこその二人の物語だと思う。彼ら互いの補完性に読者としても
納得だ。力作。
 それにしても、貴種流離譚でもあったのですね。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.9
星5つ中の4.9
37 件のグローバル評価
星5つ
95%
星4つ
5%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%