カスタマーレビュー

2017年2月11日に日本でレビュー済み
順番に本シリーズを読んでいます。
怨霊、呪術的側面を重視して通説に挑戦している解説は相変わらずワクワクさせてくれます。

巷に反論しているブログやらいろいろありますが、論理的に反論できている文書を見つけることはマレで、井沢氏のバックグラウンドとかスタイルを揶揄しながら非論理的な反論をしているものが多いです。つまるところ井沢説も「話にならない」ようなものと断じるのは歴史の発見の可能性を狭めているだけだと思います。妄信はできませんが、それは教科書歴史も一緒。とくに読み物として読んでいくのであれば結局読み手がどうとらえるか、ということになると思います。

本書では聖徳太子が実は怨霊として恐れられている、という話をしていて興味深いのですが、実はこの「徳」のおくり名のいわくはあとでも何度も出てきますので、同一著者が古代から近代までを網羅的に解説してくれている恩恵を受けることができます。
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
86 件のグローバル評価