カスタマーレビュー

2020年1月19日に日本でレビュー済み
今どき、はやらないかもしれないが、学校の間には縄張りの境界線というものがあって、両校の生徒は暗黙の了解でそのラインを越えないことになっていた。美少年探偵団のライバルは隣の髪飾中学校。その生徒会長・札槻嘘が日曜夜に開催する、カジノへの招待状が美少年探偵団に届いた。
 偽札、カジノと、007のような設定に男子としてはときめかざるを得ない。そこへ、目に見えないハイテクな衣というギミックも登場し、男子中学生の欲望をこれでもかと詰め込んで、どたばたはらはらの展開。さらに、バニーガールというお色気要素も加わって、どうせ荒唐無稽のお話にするならこれくらいぶっとんでいて欲しいという、浅はかな願いをかなえてくれる。眉実の「良すぎる視力」をだますトリックというのにも感心した。これでこそエンターテイメントである。
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
29 件のグローバル評価