カスタマーレビュー

2019年5月2日に日本でレビュー済み
貧困と孤独のさなかにあって命を繋ぐために悪魔に心臓を貰ったデンジ。
デビルハンターとして公安に職を得た後も変わらず貧乏性で生意気でバカで健気なデンジが愛おしい。
分不相応な正義をふりかざす訳でも大仰な名前のついた必殺技を繰り出す訳でもない。焦点はデンジの生き方、在り方にある。今日1日を“ショボい”夢を胸に生き抜くデンジは私たちに近しい存在だ。

世界観や設定の説明は控えめで話の流れを遮らず、読者はデンジと一緒に少しずつ状況を知っていく。
いつか見た外国映画のようにノスタルジックで静謐で、読んだことがない斬新でポップな表現に魅了される。パワー、アキ等とのコミカルなやり取りや台詞回しが一々面白い。
そして、謎めいて美しいマキマさん。物語とデンジを導くファムファタルに違いない。その言葉は全てを与え全てを奪う神裁のようで、畏しく測り知れない。
最高に面白い一冊。
26人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
2,448 件のグローバル評価