カスタマーレビュー

ベスト500レビュアー
2015年2月17日に日本でレビュー済み
一巻で話を気に入り、続きが気になり購入しました。
この巻の後の話もwebで公開されていますが、webで公開されていた一部を削ったり、設定を変更したりした部分もあるようなので、続きが楽しみになります。webより、ちょっと今巻ではハッピー要素が増した感じでしょうか。

主人公・猫猫の出生の秘密が今巻ではメインとなっています。
それと関係して、登場頻度は多くないものの、花街の姉貴分の梅梅小姐や白鈴小姐もキャラが立っていて、魅力的です。
1巻では、猫猫が宮中では、部外者というかどこか線を引いた関係であったために、感情的な部分の魅力が弱かったように感じました。
そういう部分の取り返しというわけではないでしょうが、主人公に直接関係していた人が登場して、感情的な言動のやりとりと魅力が今巻では出ているように思えました。
そのため、1巻よりもキャラクター魅力が増してきました。
主人公以外でも、李白や羅漢などの男性キャラクターのかっこよさ(情けなさもありますが)や、やぶ医者さんの人のよさなどの魅力を出しているのも、このシリーズのよさでしょう。
里樹妃など、数行レベルの登場しかないのに、未成熟な「残念ぶり」が表現されていて、モブに近いキャラまで魅力を出している作者さんの動かし方はよかったです。

また、イラストでも作品の魅力を増すことに貢献していて、羅漢の中年ならではの、狡猾でありながら愛嬌のある感じの魅力をうまく表現しています。そして、1巻ではシリアスなイラストが多かったのですが、2巻ではギャグのような場面でのイラストも増えて、コミカルな作品の雰囲気も引き出しています。このあたりは、TRPGリプレイで、シリアスからギャグまで描いてきた、しのとうこさんならではの力量が伺えます。

この後の展開が気になって、もうwebのほうも読んできたのですが、この巻で登場した楼蘭妃を中心とした宮廷の騒動のお話が続きます。
そちらも、改稿して、イラストつきで発売されるのを楽しみにしていますが、まだ出ていない、その話が一区切りした後の続きも期待しています。
キャラクターが増えていくことで、そのやりとりが面白くなっていくシリーズなので、削られた、他者視点の物語なども追加収録されての続きの発売が待ち遠しいです。
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
364 件のグローバル評価