カスタマーレビュー

ベスト50レビュアー
2016年9月23日に日本でレビュー済み
今まで夜日古や白蓮は常連化するほど顔出ししていましたが、最後の一人は出てきませんでした。ついに登場です。その名も和多津。……彼が今まで出演の機会を逃していたのは、迷子になっていたんですかねw
今回は妖怪の国で孤立無援で仲間を守ろうと奮闘するヴラドが登場します。頑張って中二病を発揮していますwヴラドの悪評が全て事実である点、話だけ聞くと極悪な危険人物に見える点が笑いを誘います。脳筋だったのは意外ですが、言われてみればだいたい物理的に解決していました。
後半でヴラドの過去も明らかになります。黒歴史がリアルだったのが意外というか、まったく別人ですね。よくここまで変われたものです。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
29 件のグローバル評価
星5つ
69%
星4つ
31%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%