カスタマーレビュー

2021年4月2日に日本でレビュー済み
「違国日記」は共感の漫画だ。
 でもそれは、共感を強要するような安いものではない。
 低いところに降りてきて共感させようとしてくるのではない。
 私たちを高いところに引き上げて、生き延びるコツをそっと教えてくれる。

「違国日記」は救いの漫画だ。
 でもそれは、救ってやるというような傲慢さではない。
 苦しみを、辛さを、痛みを共に噛みしめる漫画だ。
 私たちの苦しみをフラッシュバックさせながら、最後にはきっと救ってくれる。

 新刊が出るたびに生きようと思える。これはそういうシリーズです。
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
299 件のグローバル評価