カスタマーレビュー

2015年11月7日に日本でレビュー済み
昔から若木先生のファンですが、ちょっと厳しく。

これは哲学を題材とした漫画ではなく、哲学を噛み砕いた参考書みたいなものです。
わざわざ漫画というフォーマット・コマ割りで見せる必要性はあまり感じませんでした。

若木先生の作風は元々キャラも設定も絵柄もどこまでもファンタジックなので、
どうにも共感しにくいという難点があります(かわいらしいのは間違いないのですが・・・)。
本作品では、哲学というとっつきにくい題材によってさらに拍車がかかっています。

「神のみ」には、作者の実体験や渾身の思いが生々しくキャラクター達に反映されていました。
それが本来現実味のないキャラクター達に不思議な共感を呼び込み、結果、鮮烈で「リアル」な感動を与えてくれました。

先生の場合、「考える」のが得意分野なのかもしれませんが・・・また「生」の人間を描いて欲しいと切に願います。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.8
星5つ中の3.8
22 件のグローバル評価