カスタマーレビュー

2019年12月12日に日本でレビュー済み
ハードルを上げて読んでしまったこちらも悪いのですが、支持しません。
人一人を救済する。
この点を、漫画家として描き切るという事と、流通に乗せるということは、べつの問題だと私は思ってます。
力量が足りていないのに、このような題材を選ぶところに、この作者のバランスの悪さがクッキリ出ています。

バランス感覚の悪い作者の、この漫画の特に目につくのは、大ゴマの無意味な使用とか、あと結局、この作品の攻が個人的には魅力が皆無だったのも練り込み足りないんじゃないと強く言いたいです。

どうでもいい少女漫画ってあるじゃないですか、あれってヒーローの少年が主人公にとって、そして物語を動かしている作者にとっても、どこまでも都合のいい言動が多すぎる、というふうにしか見えないのですよね。

本作は確かに「傷を負った心に寄り添う」という目的は達成できているのかもしれません。でも漫画としては、弱い、見せ方が下手だと私は感じました。初見の作家でしたが、1冊めにこれを選ぶのは失敗ってパターンなのかも。
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
47 件のグローバル評価