カスタマーレビュー

2006年12月26日に日本でレビュー済み
今回の巻は、お笑いオチになってしまっている。

偽札の話では炎マニアと二枚目バカが新登場するが、

二枚目バカはたいした出番もなくいきなりやられるわ、

炎マニアはあほな死に方するわの喜劇となっている。

とにかく敵のやられ方がアホすぎる。

また、次話に出てくるメイド(その2)には、作者の趣味の部分がかなり含まれているだろうことが良くわかる。

ロベルタだけならともかく、その2であるファビオラまで登場させたのだから…

だが、今回の番外編である怪談編はとてもよかった。

季節外れではあるが話の肝でオチである怪談が良くできていたからだ。
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
79 件のグローバル評価
星5つ
81%
星4つ
17%
星3つ
2%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%