カスタマーレビュー

VINEメンバー
2012年7月20日に日本でレビュー済み
 1998年から連載が始まった『イエスタデイをうたって』の2年ぶりとなる新巻。
 とはいえ、正確には1年8ヶ月ぶりだから、このシリーズにしては早い方です。何しろ4巻と5巻の間は3年近く空きましたから…。
 それにしてもハルちゃん不憫すぎやしませんか?
 だからといって付き合い始めたリクオと'子が幸せそうかといえば、どう見てもそうは見えないんですよね。
 つ〜か、この状態って男女交際してるっていえるのでしょうかね?リクオからすれば生殺しもいいところじゃないですか(^^;)。
 このマンガの辛いところは、悪者がいないところです。皆が皆、優しすぎるんですよね。
 唯我独尊で傲岸不遜なキャラが1人でもいれば、もっと簡単に話は進むだろうに…たとえばハルが押しの強いキャラでガンガン攻めていたら、リクオなんか簡単に落とせていたはずなんです。
 もっとも、それじゃぁ『イエスタデイをうたって』じゃなくなってしまうんですけれどね(^^;)。
 ともあれ、ハルちゃんには笑顔になって欲しい、ただそれを願うのみです。
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
41 件のグローバル評価
星5つ
84%
星4つ
8%
星3つ
8%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%