カスタマーレビュー

2020年11月1日に日本でレビュー済み
この小説も含めた、
JUMP j BOOKSから出ている鬼滅のスピンオフシリーズともいえる3巻を購入しましたが、
そのどれもが、いったい誰の台詞で、
いったい誰に向かって言ってるのか戸惑うことが多く、イライラしました。
酷評したい人の気持ちもわかるなと思いました。
内容は理解できますし、それなりに感動もしますが、しかしイライラします。

鬼滅の刃の小説は、こちらのスピンオフシリーズだけではなく、
漫画の小説版がみらい文庫のほうから2冊出ていたり、
また無限列車の小説はみらい文庫とJUMP j BOOKSから
それぞれ出ていますが、正直言って、
作家が違うとこうも違うのかと思うほどです。

JUMP j BOOKSのこちらのスピンオフシリーズは、
書いた人はコ●採用じゃないのかと疑いたくなるほどで、
とてもとてもプロとは思えないような酷さです。
この程度で、よく鬼滅の小説を担当するという
幸運にたどり着けたなと驚愕します。

どうもこの方は、鬼滅以外の小説もすべて、
数冊程度を誰かと連名で書いてるレベルの方のようですが、
その程度の方がどうして採用されたんだろうと不思議です。
せっかくの小説が台無しです。
作家を変えて出版し直してほしいです。
もったいなさ過ぎです。
こんな出来では原作者にも登場人物たちにも失礼ですよ。
52人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
743 件のグローバル評価