カスタマーレビュー

VINEメンバー
2010年12月16日に日本でレビュー済み
エロさとグロさと狂気のオンパレード、「東京赤ずきん」の第2巻。
前巻で仲間となった亜人間の殺し屋「ヴィヴィアン」とともに、幼女連続殺人犯と対峙するのですが…
ここでの戦闘シーンの結末が最高にグロいです。
そして、もうひとつのカギとなる人物、孤児院の「ルーポ」のお話にも展開が。
ここらあたりから、赤ずきん生誕に「魔族」と「天界」の攻防が見え隠れし始めます。
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
14 件のグローバル評価
星5つ
75%
星4つ
25%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%