SAO Amazonファミリー nav_flyout_akuta Fine_Writing Amazon MasterCard 車とバイクの暑さ対策 chizu ファッションサマーセール Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV お中元ストア 実質無料サンプルストア DIY・ガーデニング タネ・苗ストア 春のガーデンストア Echo Kindle Amazon MP3 マリンスポーツ用品 バチェラー シーズン2


2006年4月16日
難点をいくつか。

1.ビデオで観たが始めに予告編があり、後半の重要なシーンのネタバレをやってしまっている。

2.終わりの方のスーパーでの接客販売のシーンが少し間延びしている感じがした、またそのシーンの主人公の言動に少々サムいものを感じた。

3.エンドロールがインスタントにパソコンで創ったみたいで寂しい感じがした。

……つまり、作品の本質に対する不満は演出の部分的なものでしかなかった。

これ位の出来の作品が毎年一本づつでも観られるならば、きっと幸せだろう。

山下クン、オレを幸せにしてくれ。

最近、リンダ〜が話題になってるようだが、それも是非観てみたい。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2007年3月2日
たぶん、映画作りを始めて、周囲の人から「変なことやってるなあ」と白い眼で見られ、また思うように映画作りがうまくいかず焦燥感を感じたときのことを、「赤汁」販売に置き換えてるのだと思う。

「不詳の人」所収の「道」は、そういう事情を象徴的にじゃなくストレートに描いていた。

山下監督が賢明だと思うのは、映画を作る人が主人公で、かつ映画を撮ることがテーマなんていう作品を劇場用デビュー作(どんてん〜は卒業制作で、これが評価され奨学金で撮ったのが本作なので、本作がプロとしての第一作と言えよう)にしなかったところだ。トリュフォーが「アメリカの夜」を、深作が蒲田行進曲を撮ったのもすでに成功してからであって、出だしから「映画についての映画」を撮るのは良いことではないと私は思う。

たとえば、アレクサンダー・ロックウェルの「インザスープ」は好きだったが、映画青年が主人公の映画を初期から撮っちゃって大丈夫か?とも思った。次の「サムバディトゥラブ」もハリウッド周辺に住む、女優を目指してるような女性(つまり映画人を目指す人)が主人公だった。こちらも作品としては好きだったが、この監督の将来を危惧した。そして、最近何やってるのか知らない・・・。

映画青年が主役という点では山下の三作目「リアリズム〜」もそうだが、彼らが映画人でなくてはならないエピソードは最小限に抑えられていた。

そして映画人を直接描いたような作品は、「道」などのVシネ的な小品で、試作的に撮ってガス抜きということなのだろう。これは賢い。

ベロニカ役の女優は大塚寧々に感じが似てる。パジャマで自販機に向かうところを足から撮るとか、その直後に主人公夫婦と出会い去りぎわに振り返って笑うところとか、妹に平手打ちするくだりとか、この女優を魅力的に撮ろうという姿勢が伝わってきて良かった。

どんてん〜ほど「原石!」という感じもせず、リアリズム〜ほど磨かれた感じもしない、過渡期的な作品という印象を受けるが、やっぱり好きだな。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
VINEメンバー2006年3月6日
妙なリアル感は山下敦弘監督の独特のもの。

前作の「どんてん生活」の方がとっつきやすいかもしれないが、

今作のが、より「どうしようもない」人達に対する、

愛おし感に溢れている。

かっこ悪くても許している目線。

主演の山本浩司もいいが、もうひとりの山本「剛史」の

キレキャラがなんともいえない雰囲気をかもしだしてる。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2011年4月22日
スーパーおざきの尾崎が笑えてしかたありません!何度観ても、笑える。とりあえず、最後まで見てみていただきたい。それで、気に入ったら、ほかの作品も見てほしいです。
|0コメント|違反を報告


カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック